北マケドニア議会選、EU加盟推進派の中道左派与党が僅差で勝利

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
議会選での勝利を祝う与党・社会民主同盟のリーダー、ザエフ前首相(中央)=北マケドニアの首都スコピエで16日、ロイター
議会選での勝利を祝う与党・社会民主同盟のリーダー、ザエフ前首相(中央)=北マケドニアの首都スコピエで16日、ロイター

 旧ユーゴスラビアの北マケドニア(旧マケドニア)で15日、議会(1院制、120議席)選が行われ、即日開票された。現地メディアによると開票作業は16日にほぼ終了、政権与党の中道左派「社会民主同盟」が36・12%を得票、中道右派の野党「マケドニア民主党連合」の34・85%を僅差で抑え勝利した。

 社会民主同盟は単独過半数には届かず、影響力拡…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい