メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松喬日和

緊張の新宿末広亭 「東京」に過敏 関西人の性根

 6月13日に、やっと高座に復帰しました。3月2日に天満天神繁昌亭に上がって以来103日ぶり。それも新宿末広亭。学生時代、小さん、志ん朝、談志を間近に見た、あの末広亭です。むちゃくちゃ緊張しました。例えると、昨年セ・リーグ最下位のヤクルトが、今年の開幕初戦にいきなり福岡でソフトバンクを相手にして戦うようなものです。プロ野球は無観客試合でスタートしましたが、寄席はそうはいきません。しかも、その日のお客さんは「コロナ」「新宿」「ソーシャルディスタンス」に屈しなかった“強者(つわもの)ども”ばかりです。初舞台に勝るとも劣らない緊張でした。

 でも、そこでフト思いました。落語「つぼ算」の法則に当てはめてみたらどうなるだろう。復帰高座が「コロナ」やのうて、「久しぶり」やのうて、「ソーシャルディスタンス」やなかったら緊張してなかったか?と問われると、やっぱり「緊張してました」と言わざるをえません。「末広亭」に、イヤその前に「新宿」に緊張するんです。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 活火山がない近畿でなぜ? 有馬温泉で100度近い湯が湧く理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです