色とりどりの浴衣姿で勤務、涼しげに 京都市役所 和装文化活性化目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
和装で勤務する京都市職員=市役所で2020年7月16日午後3時10分、小田中大撮影
和装で勤務する京都市職員=市役所で2020年7月16日午後3時10分、小田中大撮影

 祇園祭の期間に合わせ、京都市役所の職員約180人が16日、浴衣などの和装で勤務した。この日は梅雨の晴れ間で気温も30度近くまで上昇したが、職員は藍色やピンクなど色とりどりの浴衣姿で涼しげに業務に励んだ。

 和装文化を活性化しようと、2008年から祇園祭期間中や11月の「きものの日」、年始の仕事始めな…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

あわせて読みたい

注目の特集