メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講談社の編集長らにツイッターで殺害予告 容疑で沖縄の44歳逮捕 警視庁

講談社=東京都文京区音羽2で

[PR]

 講談社(東京都文京区)の編集長らへの殺害予告をSNS(ネット交流サービス)上に投稿したとして、警視庁大塚署は17日、沖縄県読谷村波平、自称無職、下地寛之容疑者(44)を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。下地容疑者は容疑を認め、「講談社に小説を応募していたが、1次審査で毎回落とされ納得できなかった。本気で殺人事件を起こそうと思ったわけではない」と供述しているという。

 逮捕容疑は5月14日、自身のアカウントでツイッターに「ハンマーで頭かち割ったり牛刀でめった刺しにしたりしながら編集長のところに行ってズタズタのぼこぼこに殺してやるっ! 編集部の全員を刺し殺して万歳だ!」と投稿し、講談社に警備を強化させて業務を妨害したとしている。

 大塚署によると、投稿を見た人から110番があり、同署が講談社に連絡して捜査していた。【土江洋範】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです