メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユーチューバー「へずまりゅう」と接触の2人が感染 「何てことを」山口知事が憤怒

ユーチューバーとの接触について県民に「相談を」と呼び掛ける山口県の村岡嗣政知事=山口市の県庁で2020年7月17日午前9時20分ごろ、降旗英峰撮影

[PR]

 山口県は17日、新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち2人は「へずまりゅう」と名乗るユーチューバーの男性が10日に県内を訪れた際、接触していたという。村岡嗣政(つぐまさ)知事は記者会見で「何てことしてくれるんだ」と怒りをあらわにし、ユーチューバーと接触した可能性があれば相談するよう県民に呼びかけた。

 県によると、1人は同県周南市の20代男子学生で、ユーチューバーが県内を訪れた10日に山口市で会食。もう1人は同県宇部市の20代女性の病院職員で偶然同じ飲食店に居合わせた。ユーチューバーは10日、岩国市の錦帯橋周辺や防府市の防府天満宮など県内各地を訪れ、集まったフォロワーや居合わせた不特定多数に話しかけたり、握手を求めたりしたという。マスクは着用しておらず、その後に新型コロナウイルスの感染が判明した。

 村岡知事は記者会見で「一方的に接触する行動を繰り返している。マスクをすべきだ」などと話し、接触した可能性がある県民に向けて県健康増進課(083・933・3502)か最寄りの保健所へ相談するよう呼びかけた。【降旗英峰】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです