メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HKT48の専用劇場、「西日本シティ銀行」が命名権 10月下旬開業 福岡

記者会見後にステージに登場したHKT48のメンバーら=福岡市中央区で2020年7月17日午前11時56分、久野洋撮影

[PR]

 福岡市にオープンするアイドルグループ「HKT48」の専用劇場名が「西日本シティ銀行HKT48劇場」となる。西日本シティ銀と劇場を所有する福岡ソフトバンクホークスがネーミングライツ(命名権)契約を結び、17日に発表した。

劇場名を発表する西日本シティ銀行の谷川浩道頭取(中央)ら=福岡市中央区で2020年7月17日午前11時50分、久野洋撮影

 劇場は、ホークスがペイペイドーム隣に21日開業予定の7階建て娯楽施設の1階。約360平方メートルのホールに約300席の客席を設け、10月下旬に開業する。HKT48は2016年までドーム隣の商業施設に専用劇場があったが、施設閉館後は専用劇場を持たなかった。

 17日は、発表の記者会見後にメンバー16人が登場。新型コロナウイルス感染拡大で対面での公演を控えており、劇場ステージで3月末以来の歌唱を披露した。谷川浩道頭取は「皆さんが頑張ってくれたら銀行の名前も覚えてもらえる。応援しています」と話した。【久野洋】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです