特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

信頼回復「重い使命自覚を」 林検事総長、賭けマージャン問題に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
検事総長に就任し記者会見する林真琴氏=東京都千代田区で2020年7月17日午後5時57分、玉城達郎撮影
検事総長に就任し記者会見する林真琴氏=東京都千代田区で2020年7月17日午後5時57分、玉城達郎撮影

 第31代検事総長に17日付で就任した林真琴氏(62)が東京・霞が関の最高検で記者会見し、「検察権の行使が国民の信頼という基盤に支えられていることを意識し、検事総長として全力を尽くしたい」と抱負を語った。

 林氏は会見で、緊急事態宣言中に賭けマージャンをして黒川弘務・元東京高検検事長が辞職した不祥事について「深く重く受け止めている」と改めて陳謝。信頼回復の手立てを問われると「検察官が重い使命を自覚…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集