メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo ウイルス除去ロボ

 青白い光を放ちながら、待合の椅子が間隔を空けて並ぶ病院の発熱外来を動き回るロボットの試作機。新型コロナウイルス患者を診る日本大板橋病院で紫外線を照射し、壁や床などに付着したウイルスを除去している。

 農業・医療分野で細菌やウイルスなどの活用技術を開発する「ファームロイド」(飯村一樹代表)が、東京都板橋区と同病院の産官学連携で4月から実証実験を進めてきた。

 「UVバスター」と名付けられたロボットが照射するのは、一般の紫外線より波長が短く、強い殺菌作用から食品工場などでも使われる「深紫外線(UV-C)」。インフルエンザウイルスに10センチの距離から2・46秒照射すると99・99%を不活性化でき、5月下旬の試験では新型コロナウイルスに対しても一定時間の照射で除去が確認されたという。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです