メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

京都・崇仁地区 市芸大移転、故郷再生願い

京都市立芸術大学の移転計画のため、解体される改良住宅。かつて劣悪な環境だった場所に住民らの運動で1960~70年代に建った夢の住居だった=6月29日

 JR京都駅の東側、観光客でにぎわう「三十三間堂」に向かう途中、フェンスに囲まれた空き地や団地群が目に入る。京都市下京区の崇仁(すうじん)地区。戦前は狭小で老朽化した住宅が密集し、水道やガスも通っていない環境で部落差別と闘いながら街づくりを進めてきた歴史がある。

 京都市はその立地条件の良さや利便性に注目。「文化芸術都市・京都」の新たなシンボルゾーンとして、市立芸術大学(同市西京区)のキャンパス移転を計画した。2023年度完成の予定で、街の姿は大きく変わろうとしている。

 現地では今、戦後の同和対策事業などで建てられ、耐震基準を満たさない「改良住宅」7棟の取り壊しが進む。入居者145世帯は市の求めに応じ、2月までに近接する新築の団地に移った。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです