メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語源由来巡行

くわばら くわばら(大阪府和泉市) 「落ちない約束」雷へのメッセージ

西福寺の雷井戸(右に立てかけられているのが井戸に蓋をしたとされる「洗濯石」)=大阪府和泉市桑原町で2020年7月1日午前11時10分、相原洋撮影

 雷が落ちないように唱えられてきた「くわばら くわばら」。なぜ「くわばら」なのか。

 大辞林の「くわばら」の項目に、「和泉国で雷神が井戸に落ちた説話あり」と記載が。「和泉」「くわばら」「井戸」で検索すると、出てきたのが大阪府和泉市の西福寺(吹角(ふくずみ)隆光住職)。境内に「雷井戸」がある。所在地は桑原町。「くわばら」は地名に関わりありか。

 JR和泉府中駅が最寄り。西福寺の境内に入ると、本堂横に「雷井戸」が。ここに雷が落ちた? その由来は鎌倉時代のこんな伝説に基づくのだと。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです