特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球・独自大会

61チーム、きょう開幕 前橋育英5連覇なるか /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響による第102回全国高校野球選手権群馬大会の中止を受けた独自大会(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)が18日、開幕する。61チーム(67校)がトーナメント方式で、8月10日の決勝戦まで熱戦を繰り広げる。【川地隆史】

健大高崎、桐生第一も力

 昨夏の群馬大会で4連覇を果たした前橋育英は、主将で4番の須永武志捕手(3年)を中心とした切れ目のない打線が武器。エースナンバーを背負う信澤太陽投手(3年)は、「5連覇はうちにしかできない。育英が一番強いということを証明したい」と意気込む。

 昨秋の明治神宮大会で県勢最高の準優勝に輝いた健大高崎は5年ぶりの優勝を狙う。見る者を魅了する「スペクタクルベースボール」をスローガンに、戸丸秦吾主将(3年)も「『走って勝つ』だけでなく、『打ち勝つ』『守り勝つ』といういろんなパターンがある」と自信を見せる。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文756文字)

あわせて読みたい