メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯改装、表現の場に 文京・根津にアートカフェ 「身近な風景との融合」体験して /東京

銭湯を改装した「芸術銭湯+Café 宮の湯」=東京都文京区根津で

 築約70年の銭湯を改装した建物で、コーヒーやワインを片手にアートを鑑賞できる「芸術銭湯+Caf〓 宮の湯」が、文京区根津にオープンした。運営会社の永野達也さん(41)は「難しく捉えられがちな現代アートを、もっと身近で楽しい存在にしたい」と話している。

 展示室はレトロなタイル張りの浴場や、湯を沸かすための火たき場。銭湯ならではの設備を生かしつつ、絵画や彫刻、ファッションなど、さまざまなジャンルの作品が並ぶ。

 脱衣所で使われていたロッカーも、展示の一部として活用されている。永野さんは「身近な風景と作品が融合することで、美術館とはひと味違ったアート体験ができる」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです