メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟水俣病弁護団長、坂東克彦さん死去 「勇ましい姿 印象的」 公害訴訟、解決に尽力 /新潟

闘争評議会「遺志受け継ぐ」

 新潟水俣病訴訟の弁護団長を務め、問題の解決に長年尽力した弁護士の坂東克彦(ばんどう・かつひこ)さんが15日、老衰のため死去した。87歳。葬送式は18日午後2時から新潟市中央区本町通10の1810の公益社本町で。喪主は次女伸子(のぶこ)さん。【露木陽介】

 小千谷市出身。中央大法学部を卒業後、1959年に東京都内で弁護士を開業、63年に新潟市中央区に弁護士事務所を開いた。

 65年に阿賀野川流域で新潟水俣病が公式確認されると、被害を訴えた住民が、原因企業の昭和電工に損害賠償を求めて67年に新潟地裁に提訴した。この第1次訴訟に弁護団幹事長として尽力。四大公害病で初めて原因企業の責任を認めさせ、71年に住民らを勝訴に導いた。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです