メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県岐阜商生徒ら感染 宣言解除後最多4人確認 /岐阜

 県と岐阜市は17日、県立岐阜商業高(岐阜市)の女子生徒2人と、県立大垣商業高(大垣市)の女子生徒1人、また多治見市の女性の計4人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに判明したと発表した。1日に4人の感染が確認されるのは、政府の緊急事態宣言解除後では最多となる。県内の感染者は計172人になった。

 県立岐阜商業高では、15日に40代の男性教諭の感染が確認され、授業や部活で接触した可能性がある生徒ら約230人にPCR検査を実施していた。そのうち、それぞれ大野町と各務原市に住む女子生徒1人ずつが陽性と判明。16日には大垣市に住む女子生徒も感染が確認されており、同校の感染者は4人となった。また感染が確認された大野町の生徒と同居する姉妹で、県立大垣商業高の女子生徒も17日、陽性と判明した。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです