メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳ケ瀬商店街で交通安全を啓発 岐阜中署など /岐阜

通行人に反射材などを配り交通安全を呼びかける警察官ら=岐阜市柳ケ瀬通1で

 夏の交通安全県民運動(11~20日)の一環で岐阜中署などは17日、岐阜市・柳ケ瀬商店街で自転車や歩行者の交通安全を啓発した。

 岐阜中署、岐阜市、岐阜中地区安全協会などの計14人が参加した。約1時間、「横断歩道は歩行者最優先」などと書かれた旗を掲げ、アーケードを通行する自転車や歩行者に反射材などを配った。

 同署の宮内菊次交通1課長によると過去10年間、管内の交通事故死者の約7割を自転車や歩行者が占める。また、赤信号での横断や、横断禁止場所を渡るなど、自転車や歩行者の違反が絡む重大事故も多いという。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです