メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

災害対応、協力が大切 一般の人も心構えを 大津赤十字病院高度救命救急センター長 松原峰生さん /滋賀

松原峰生さん=大津市長等1の大津赤十字病院で2020年7月1日午後4時26分、諸隈美紗稀撮影

松原峰生さん(60)=大津市

 大津赤十字病院(大津市)の高度救命救急センター長、松原峰生医師(60)は大規模災害などの現場へ発生直後から活動する、専門的な訓練を受けた医療チーム「DMAT」(ディーマット)や赤十字救護班のメンバーとして数々の災害医療の現場を踏んできた。新型コロナ禍の医療現場や私たちが持つべき心構えなどを聞いた。【諸隈美紗稀】

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです