メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 新温泉、香美町 「ナンバー狩り」を防止 ステッカー配布へ 鳥取市作製 /兵庫

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の余波で、新温泉町や香美町の住民が姫路ナンバーの車で生活圏の鳥取市に行った際、車を傷つけられる被害が相次いでいる。この「他県ナンバー狩り」対策として、同じ日本遺産を構成する自治体の仲間であることをアピールする「麒麟(きりん)のまちパートナーステッカー」を鳥取市が作り、両町に寄贈した。新温泉町は17日に町民に配布し、香美町は27日に配る。

 「麒麟のまち圏域」は鳥取県側の1市4町と新温泉、香美両町が加盟する。このうち事務局がある鳥取市が被害防止ステッカー(縦10センチ、横21センチ)を7市町分で計1600枚(マグネット式1300枚、シール300枚)作製。麒麟獅子の絵に「思いやりと絆 大切に『麒麟のまち』」の文と7市町名を書いた図柄で、新温泉町に420枚、香美町には220枚を割り当てた。

 新温泉町によると、町民の車が鳥取市で、アンテナやナンバープレートを折られる被害が続出。同町企画課は「姫路ナンバーなので、感染者がいない但馬地域ではなく、姫路市方面から来たと誤解される。ステッカーが抑止力になれば」としている。【村瀬達男】

〔但馬版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  5. 重機転落死 穴の位置、図に記さず 横浜市、JVに提示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです