メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競輪の魅力、走って伝える ファンから5月デビュー 県初ガールズケイリン選手・岩原紗也香さん(27) /徳島

県人初のガールズケイリン選手としてデビューした岩原紗也香さん=徳島県小松島市の小松島競輪場で

 阿南市の岩原紗也香さん(27)が5月、女性競輪選手としてデビューした。女子競輪は1964年に廃止され、2012年に「ガールズケイリン」として復活したが、以降、県出身の女子選手がいない状態が続いていた。岩原さんは全国の競輪場を回るほどの熱烈なファンだったが、女子選手のレースを見たことをきっかけに「私も走ってみたい」と選手の道へ。「若い人たちには、競輪はまだまだ浸透していない印象。魅力を広めるきっかけになれば」と笑顔を見せる。【松山文音】

 知人が競輪選手だったことをきっかけに、約3年前から関東や九州など各地の競輪場へ足を運ぶようになった。転機は2018年の夏。松戸競輪場(千葉県)で開催されたレースで、初めて女子競輪「ガールズケイリン」に出会った。カラフルな自転車とユニホームで、多くの観客の声援を受けてレースに臨む女子選手の姿を見て、「女子でもこんな場に立てるなんて面白い」と競輪選手への興味が湧いた。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです