国登録有形文化財に答申 吉村家住宅(福岡市)など9件 県内 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国の文化審議会が17日に答申した国登録有形文化財(建造物)に、県内から吉村家住宅(福岡市)主屋など同住宅関連4件や、久留米大学本館(久留米市)など計9件が入った。登録されれば県内の国登録有形文化財(建造物)の総数は計180件となる。

旧武家地の景観伝える

 吉村家住宅は福岡市中央区の丘陵地帯にあり、一帯は江戸時代には「浪人谷」と呼ばれた下級武士の居住地だった。建物は主に大正期の建築で、約130平方メートル…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集