連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

「骨太」閣議決定 長期戦略乏しく空疎に デジタル主軸、今年も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左は麻生太郎副総理兼財務相、右は西村康稔経済再生担当相=首相官邸で2020年7月17日午後4時52分、竹内幹撮影
経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左は麻生太郎副総理兼財務相、右は西村康稔経済再生担当相=首相官邸で2020年7月17日午後4時52分、竹内幹撮影

 政府が17日に閣議決定した「骨太の方針」は、各省庁の新型コロナウイルス対応を優先させた結果、デジタル化の推進や防災・減災対策といった既視感のある政策が並んだ。医療分野では、医療界と政府の主張が平行線をたどった。コロナ禍を踏まえ、中長期的に目指していく経済社会の具体像は明示されず、空疎な内容にとどまった。

 「世界が新型コロナウイルスの流行という歴史的な危機に直面する中で、我が国として思い切った社会変革を果敢に実行することによって、未来を切り開いていく」。安倍晋三首相は17日、経済財政諮問会議と未来投資会議の合同会議で、今回の骨太の方針の意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り2436文字(全文2715文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集