メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

GoTo遅れに遅れ 「イート」延期、「イベント」「商店街」委託先未定 自治体は対応苦慮

 新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ経済を回復させるため、政府が4月の緊急経済対策に盛り込んだ「Go Toキャンペーン」が迷走している。東京で感染者が再び拡大する中「命より経済優先」との批判が殺到。柱である旅行需要喚起策「トラベル」は開始まで1週間を切るタイミングで、東京を除外するという大きな軌道修正を迫られた。経済を再生できるのか、なぜ東京だけを除外したのか。その背景を検証する。

 「キャンペーンは地方振興的な意味合いが強く、期待されている方も多い。今しばらくお待ちいただきたい」。江藤拓農相は17日の閣議後記者会見で、「Go Toキャンペーン」の一つで飲食業支援の「イート」について、同日に始める予定だった事業委託先の公募を延期すると明らかにした。オンライン予約した来店客にポイントを付与したり食事券を発行したりする事業だが、開始は9月以降にずれ込みそうだ。農水省幹部は「Go …

この記事は有料記事です。

残り3228文字(全文3623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです