メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

藤井七段が初タイトル 時代開く17歳の大記録だ

[PR]

 この大記録はまだ、伝説の序章にすぎないのかもしれない。将棋史を塗り替える勝利を心からたたえたい。

 藤井聡太七段が17歳11カ月で初タイトルの棋聖を獲得した。3冠堅持を目指していた渡辺明棋聖を破り、最年少タイトル記録を30年ぶりに更新した。

 2016年に史上5人目となる中学生棋士として最年少でプロデビューした。以来、ここまでの道のりは並外れていた。

 デビュー戦からの公式戦29連勝も、30年ぶりの記録更新となる快挙だった。15歳6カ月での公式戦優勝、中学生初の六段昇段など、最年少棋士としての記録は数え切れない。

 タイトル奪取は時間の問題だとも言われてきたが、それを初挑戦で達成した。王位戦と並行しての過密日程で、プレッシャーも疲労も大きかっただろうが、ものともしなかった。

 昨年、王将戦の挑戦者にあと一歩で届かなかった悔しさも、バネになったに違いない。

 武器である終盤の強さを見せつけた。成長の原動力になったのは、たゆまぬ研究だ。新型コロナウイルスの影響で実戦から遠ざかった2カ月間も、自身の将棋を見つめ直す時間に充てたという。

 第2局では人工知能(AI)の発想を超えた常識破りの一手を指して勝利を呼び込み、大きな話題になった。

 AIは棋士を超えたと言われる。だが、時に「異次元」と呼ばれる藤井新棋聖の発想は、AIでは代替できない人間の可能性に改めて気づかせてくれる。それこそ、知力を尽くした盤上の戦いの醍醐味(だいごみ)だ。

 将棋界は、永世7冠の資格を持つ羽生善治九段の1強時代が長く続いたが、一昨年に無冠となった。若手が台頭し、複数の棋士がタイトルを分け合う時代に入った。

 その一翼を担うことになった藤井新棋聖の時代が、一気に到来するのか。王位とのダブルタイトルの期待や、21歳2カ月という名人位の最年少記録への挑戦もある。まだまだ楽しみは尽きない。

 藤井新棋聖の快進撃は将棋への関心を高め、裾野を広げてきた。伝統文化のさらなる発展につながってほしい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです