メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『論点・西洋史学』=金澤周作・監修

『論点・西洋史学』

 (ミネルヴァ書房・3520円)

 いかなる分野でも最前線に立つ人にしか見えない情景がある。通り一遍の情報ならネット検索で済んでしまいそうだが、本書を紐解(ひもと)けば、誰が書いたか分からないネット情報との落差が一目瞭然なのだ。

 たとえば、「十字軍」の項目を開けば、上梓(じょうし)したばかりの大著『十字軍国家の研究』(名古屋大学出版会)の著者・櫻井康人が十字軍の多面性について整理する。また、「ボナパルテ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです