メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

たすき不使用検討

[PR]

 12月20日に京都市で開催予定の男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の実行委員会が17日、大阪市内で開かれ、新型コロナウイルスの影響を考慮し、レースでたすきを使わないことを検討すると決めた。都道府県予選と本大会を予定通り行う前提で、感染防止対策を協議した。

 たすきリレーは駅伝の特徴だが、多くの選手が肩からかけることで飛沫(ひまつ)の付着などによる感染の恐れがあるという。日本陸連が策定する駅伝開催の感染対策指針なども踏まえ、たすきに代わる方法を検討する。

 開閉会式実施の可否や中継所の「密」を避けるなど本大会の感染防止対策に関しても、都道府県予選が始まる10月上旬をめどに指針を作成する。また、長距離選手らの貧血対策に有効とされる「鉄剤注射」の不適切使用を根絶するため、前回大会から全出場選手に義務づけた血液検査について、今回は新型コロナに伴う医療機関の負担軽減などのため行わないことを決めた。【新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです