特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

甲子園交流試合・2020センバツ32校

第2日 第1試合 天理-広島新庄 天理マネジャー、新庄学園PTA会長の話

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

選手への応援楽しみ マネジャー・沼田真理さん(3年)

 5月に夏の選手権が中止になった時はとてもショックでした。目標を失った選手たちはもっとつらいだろうなと思っていましたが、次の日から変わらずに練習している姿を見て、本当に強いと思いました。それだけに、センバツ交流試合が行われると聞いた時は心からうれしかったです。今、選手たちは甲子園や県の独自大会に向けて必死に練習をしています。私たちマネジャーは選手たちが快適に野球ができる環境をしっかりと整えていきたいです。選手が一人でも多くベンチに入れるよう、もう一人の3年生マネジャーと話し合い、記録員としてのベンチ入りを辞退しました。甲子園で活躍する選手たちを応援するのが、とても楽しみです。

選手たちは郷土の誇り 新庄学園PTA会長・堀田高広さん

 春の選抜高校野球の中止による落胆は、選手、学校はもちろん、地元の北広島町にも広がりました。大きな目標を抱き、心身を鍛錬していた選手のやり場のないつらさは、私には推し量ることもできませんでした。何もしてあげられないふがいなさ。選手たちの将来を案じることしかできませんでした。

 しかし、みんなの野球の神様は、全国の選手のために史上初の甲子園での交流試合を用意してくれました。創立111年の伝統がある新庄学園を、郷土の誇りとして自信を持って送り出します。

 アルプススタンドには応援に行けないけれど、新庄ナインが白球を追う姿に地元から大きな声援を送ります。必勝祈願! 新庄健児意気高し!

あわせて読みたい