メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「百式」好きが率いる宇宙作戦隊 初代隊長に聞く任務 空自に新設、発足2カ月

航空自衛隊「宇宙作戦隊」隊長の阿式俊英2等空佐(右)に隊旗を授与する河野太郎防衛相=東京都新宿区で2020年5月18日午後(代表撮影)

 自衛隊初の宇宙専門部隊となる「宇宙作戦隊」が5月18日、航空自衛隊に新設された。宇宙ごみや他国の人工衛星が日本の人工衛星に衝突しないように監視するのが主任務だ。初代隊長は、幼い頃には「ガンダム」にも憧れたという阿式(あじき)俊英2等空佐(41)。電話と文書による就任後初のインタビュー取材に応じた。

 ――発足から2カ月。空自府中基地(東京都府中市)内で、約20人の隊員の方々はどんな仕事をしているのでしょうか。

 宇宙状況監視に向けた訓練では、宇宙監視の状況を再現したシミュレーターを使ったり、米軍が主催する多国間の机上演習に参加したりして、実力を蓄えていきます。連携相手の米国や宇宙航空研究開発機構(JAXA)との調整もしています。

 ――隊長ご自身は、今までどんな仕事をされてきたのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです