特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抗体検査の誤用相次ぐ 「陰性証明」にならず「陽性」でも再感染否定できず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
抗体検査に使用するキットやフェースシールドなど=2020年6月9日、近藤諭撮影
抗体検査に使用するキットやフェースシールドなど=2020年6月9日、近藤諭撮影

 新型コロナウイルス感染症を巡り、抗体検査の「誤用」が相次いでいる。感染歴を調べる抗体検査は「今感染しているかどうか」の診断に使えないが、「陰性証明」のような誤った活用が目立つ。感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は「適切とは言えない検査が実施されている」と警鐘を鳴らす。

 抗体は、体内に侵入したウイルスなどから体を守るために作られる物質。検出可能になるには感染後2週間程度必要なため、検査時点の感染の有無は確認できない。抗体がどの程度の防御機能を持つかや持続期間も未解明で、検査で陽性になっても再感染しない保証はない。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文863文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集