メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都庁上回る260メートルのツインタワー構想 2040年代完成 JR東日本など

 

 世界一の乗降客数がある巨大ターミナル東京・新宿駅に新たなシンボルが誕生し、都心の風景が一変しそうだ。駅の東西に東京都庁を上回る、高さ約260メートルの超高層ビルのツインタワーを建設する構想が動きだした。関係者への取材で18日分かった。JR東日本などの鉄道会社や東京都、新宿区は、2040年代の完成を目指し、歩行者が移動しやすいよう街づくりのため大規模リニューアルに着手。19日には駅施設の改良第1弾としてJRの「東西自由通路」が誕生する。

 新宿駅はJR、私鉄各社を合わせ、1日の乗降客数が約380万人に上る。駅直結のデパートや地下街は事業者ごとに開発を進めたため「ダンジョン(迷宮)」と称される複雑な構造で老朽化も進む。ツインタワーは商業施設やホテル、観光など機能を集積し、線路上の空中デッキで東西を接続。街づくりの阻害要因になっている動線の悪さや街の分断を解消し、活性化を図る。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです