特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東京消防庁が「ボウサイ島」に移住? 人気ゲーム「あつ森」で防災啓発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京消防庁がデザインし、ツイッターで投稿した「あつまれ どうぶつの森」のゲーム画面=東京消防庁公式ツイッターより
東京消防庁がデザインし、ツイッターで投稿した「あつまれ どうぶつの森」のゲーム画面=東京消防庁公式ツイッターより

 東京消防庁が人気ゲームソフトを使った防災活動への挑戦を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で、地域で顔を合わせながらの防災訓練を行うのが難しくなる中、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を通じて防災への関心を高めてもらうという試みだ。16日にはツイッターで職員がデザインした制服などのゲーム画面を公開した。ゲームとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を融合した取り組みに注目が集まっている。

 あつ森は任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」用のソフトで、日本や米国などで3月に発売された。ゲームではプレーヤーが無人島に移住して虫や魚を捕ったり、島のインフラを整備したりしながらスローライフを楽しむことができる。ほのぼのとした内容や自分の好みで服や家具をデザインできる自由度の高さが魅力で、コロナの影響で世界中で外出が制限される中、発売から6週間で1341万本の爆発的な売り上げを記録した。

 東京消防庁震災対策課の男性職員も発売直後にソフトを買った一人だった。妻や…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文1003文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集