京アニ作品「聲の形」舞台の岐阜・大垣市で追悼の花火 36人の犠牲者悼む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都アニメーションの作品「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市で、犠牲者を1人ずつ悼む「白菊」36発などの花火が打ち上げられた(長時間露光で撮影した写真3枚を合成)=2020年7月18日午後8時すぎ、兵藤公治撮影
京都アニメーションの作品「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市で、犠牲者を1人ずつ悼む「白菊」36発などの花火が打ち上げられた(長時間露光で撮影した写真3枚を合成)=2020年7月18日午後8時すぎ、兵藤公治撮影

 京都アニメーションの映画作品「聲(こえ)の形」の舞台となった岐阜県大垣市で18日夜、地元の花火師が追悼の花火を上げた。

 36人の犠牲者を1人ずつ悼み、「白菊」という花火36発を上げた。続けて「これからも作品を届けてほしい」と、感謝や励ましの気持ちを込め、黄金色に輝く花火などを打ち上げた。

 同市島町の「高木煙火」が、3密を避ける…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文383文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集