メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

委員100人の「沈黙」が意味するものは IOC、質疑ゼロで決めた五輪準備続行

IOCの総会であいさつするトーマス・バッハ会長=ローザンヌで17日(IOC提供・共同)

 新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックは、ひとまず準備を続行することになった。大会組織委員会が計画を簡素化して開催を目指す方針を報告した17日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、約100人の委員から一切の質問は出なかった。彼らの「沈黙」は何を意味するのだろうか。

バッハ会長、総会前に周到に布石

 感染対策のため初めてオンライン方式で開かれた総会で、組織委からの報告はIOCのトーマス・バッハ会長の笑顔で締めくくられた。「素晴らしい報告だった。何も質問はないようだ。バイバイ、トウキョウ」。満足げに手を振るバッハ会長が画面上に映し出されていた。組織委の森喜朗会長が慣例にとらわれない簡素化を図り、「団結と共生の象徴としての開催に全力を尽くす」と訴えたのに対し、約100人の委員からは猛威を振るう新型コロナによる開催の難しさを懸念する声もなければ、具体的な感染症対策をただす声もなかった。

 布石は打たれていた。バッハ氏は総会に先…

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです