メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイヌとして

第1部・ウポポイに問う/下 サケ漁規制 先住権、曖昧なまま 初の提訴「根本的議論を」 /北海道

完成間近の丸木舟を点検する浦幌アイヌ協会の会員ら=北海道浦幌町で

 白老町に12日開業した「民族共生象徴空間(ウポポイ)」によって、アイヌへの関心が高まる一方、置き去りにされた課題もある。その一つが先住権だ。

 浦幌町厚内の倉庫にチェーンソーと電動彫刻刀の音が響く。1本のアカマツを使った全長5・8メートルのアイヌ伝統のチプ(丸木舟)。浦幌アイヌ協会会長の長根弘喜さん(35)ら約10人が5月から、上士幌アイヌ協会会長の清水勇さん(66)の指導を受けて週3日、仕事を終えた後に集まり製作している。浦幌町でのチプ製作は数十年ぶり。伝統を受け継ぎ復興させたいと手探りで取り組んできた。

 船体のアイヌ文様について、清水さんが「船首にコタンコロカムイ(村の神)。下には波を切る魔よけの文様、小鳥、波の文様、船尾には森を表す文様を彫る」と解説するのを聞きながら作業が進む。今月14日に文様もほぼ完成。「初めてでよくやったなぁ」と歓声を上げる会員たちに、清水さんは晴れやかな表情で「これからお前らが歴史を作っていく。アイヌがアイヌのことをする。誰にも文句を言われる筋合いはないんだ」と励ました…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです