メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪サッカー 観戦者をおもてなし ちぎり絵のうちわ、鹿嶋市に贈る 市民サークルが500本 /茨城

おもてなし用の手作りうちわを製作した江尻志奈子さん(右端)らサークル会員=茨城県鹿嶋市役所で

 和紙のちぎり絵で彩った手作りのうちわ500本が、鹿嶋市に贈られた。カシマスタジアム(同市神向寺)で来年に予定されている東京五輪サッカー競技大会に訪れる国内外の観戦者をもてなそうと、市民らが製作した。市は、裏面に鹿嶋観光をPRするQRコードを付けて配布する。

 市民サークル「ちぎり絵 四季の会」が昨年秋、市民オリジナルのうちわを作る講座を公民館に開設。2月までに延べ約150人が、既製品の竹編み素材に色とりどりの…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです