メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

県東部初のクライミングジム開設 松本敏宏さん 頭と体、達成感味わって /鳥取

松本敏宏さん=鳥取市で、野原寛史撮影

 東京五輪で初採用されるスポーツクライミングの競技の一つ「ボルダリング」。県東部で初となる、本格的なボルダリングを楽しめるジム「クライミングスペース エムズケイブトランク」(鳥取市湖山町東2)を6月にオープンさせた。「子供から年配の方まで取り組めるスポーツ。多くの人に競技の楽しさや達成感を味わってもらいたい」と意気込む。

 スポーツクライミングに出合ったのは約10年前。「壁を登りきった時の達成感や、できなかったことができるようになっていく面白さにひかれた」といい、その後は知人と少人数で楽しむ壁を作ったり、各地の山や沢に挑んだりしてきた。2016年に五輪採用が決まったのをきっかけに、県東部にはなかった専門のジム開設を志した。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです