特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球・独自大会

4球場で開幕 コロナ禍の中、熱戦火ぶた 玉野光南、倉敷青陵2回戦へ /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【興陽-玉野光南】四回裏玉野光南2死二塁、能瀬が右中間に適時三塁打を放ち、3点目=倉敷市中庄のマスカットスタジアムで、岩本一希撮影
【興陽-玉野光南】四回裏玉野光南2死二塁、能瀬が右中間に適時三塁打を放ち、3点目=倉敷市中庄のマスカットスタジアムで、岩本一希撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった全国高校野球選手権岡山大会に代わる独自大会「2020夏季県高校野球大会」(県高野連主催)が18日、倉敷市中庄のマスカットスタジアムなど4球場で開幕し、1回戦11試合が行われた。8月10日の決勝まで、週末を中心に58校が熱戦を繰り広げる。

 玉野光南は興陽に逆転勝ち。倉敷青陵、岡山南、水島工はそれぞれコールド勝ちで、2回戦に進んだ。19日も4球場で1回戦11試合がある。

 球場では、県高野連が作成した感染防止対策ガイドラインに沿って、入場時の検温や、試合ごとのベンチの消毒などが実施された。【岩本一希】

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1068文字)

あわせて読みたい