特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球・独自大会

「夏」の熱戦開幕 梼原、伊野商など2回戦へ 感染防止 保護者、拍手で鼓舞 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【連合-伊野商】八回裏連合無死二、三塁、松田の遊ゴロで大西が本塁を突くが、タッチアウト=2020年7月18日午後3時53分、北村栞撮影
【連合-伊野商】八回裏連合無死二、三塁、松田の遊ゴロで大西が本塁を突くが、タッチアウト=2020年7月18日午後3時53分、北村栞撮影

 新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園と地方大会が中止になったことを受け、県高野連が主催する独自大会「2020県高校夏季特別野球大会」が18日、県立春野球場と高知市営球場で開幕した。この日は1回戦4試合があり、梼原▽伊野商▽高知工▽宿毛工―の各校が2回戦進出を決めた。19日は春野球場と高知球場で1回戦3試合がある。【北村栞】

 大会開催にあたり、関係者全員の検温やベンチの消毒などを実施。スタンドには控え部員と一部の保護者のみが入場を認められたが、飛沫(ひまつ)感染を防ぐため鳴り物や大声での応援は禁止された。春野球場ではこの日、マスクを着用した保護者が拍手で選手たちを鼓舞しながら見守っていた。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1275文字)

あわせて読みたい