特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

SAGA高校スポーツ大会

野球独自大会 神埼清明、佐賀北がコールド勝ち 唐津西は好機生かし競り勝つ /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【神埼清明-佐賀農】六回表神埼清明2死二塁、福地桜己選手が内野強襲の安打を放ち、二塁走者が生還
【神埼清明-佐賀農】六回表神埼清明2死二塁、福地桜己選手が内野強襲の安打を放ち、二塁走者が生還

 夏の高校野球県独自大会は18日、佐賀市のみどりの森県営球場と市立野球場(佐賀ブルースタジアム)で2回戦6試合があった。神埼清明は初回に先制し、六回には二塁打2本など長短打を絡めて3点を挙げ、七回コールドで佐賀農を降した。

 昨夏の覇者・佐賀北は一回、犠飛と敵失で2得点すると三回までに6点を奪い、主導権を握った。八回に2点を追加し、伊万里商農実をコールドで破った。先発の荒谷紘匡投手は8回を1失点に抑える好投を見せた。

 唐津西は2安打ながら、5点を挙げた。四回に先制し、七回二死満塁から二者連続の押し出し四球で2得点したのが決勝点に。先発の阿部友哉投手は3失点、11奪三振で完投した。【高橋広之】

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1049文字)

あわせて読みたい