メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

雑誌「歴史と人物」…

[PR]

 雑誌「歴史と人物」(中央公論社、1986年休刊)は、太平洋戦争の軍人証言録が売り物だった。証言を集めた若手研究者が、ベストセラー「独ソ戦」の著者・大木毅氏と戸高一成呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長だ▲2人が当時の見聞を語った対談本「帝国軍人」(角川新書)は、今に通じる含蓄に富む。旧軍将兵らが戦時中、いや戦後でさえも、いかに報告、公文書、日記、回想録、証言などで改ざんとウソと誇張を重ねたか。苦々しい秘話満載である▲日本軍が女性や子供を含む島民400人以上を虐殺したインドネシア・ババル島事件。広島第5師団の報告書は3回作り直され、赤裸々な事実描写が、最後はやむを得なかったという釈明に変えられていた▲元陸軍将校の親睦団体「偕行(かいこう)社」が戦後、南京事件の証言集をまとめたら、悪いことをしたという告白が多すぎた。ところが、「謝罪するしかない」と筋を通した編集責任者は辞めさせられ、当たり障りない「南京戦史」として刊行された▲官僚体質と言えばそれまでだが、2人は多くの当事者に会った経験から、事実をねじ曲げた軍官僚はそれぞれに動機や事情を抱えていたと明かす。官僚といえども没個性の部品ではない▲森友問題を巡る財務省公文書改ざんの真相を求めて、自殺した近畿財務局職員の妻が提訴した。佐川宣寿元国税庁長官は「公務員個人は職務に関わる賠償責任を負わない」と争う構えだ。しかし、佐川氏の意思と信条抜きに事件は起きなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです