メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

ボウリングしたい 律子さん「力を抜いて」

ボウリングの投げ方などを教える、中山律子さん(右)=神奈川県川崎市で、宮本明登撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 1970年代に一大ブームとなったボウリングに人気が戻っている。その中心はシニア世代。50年前のブームの火付け役となった日本プロボウリング協会名誉会長の中山律子さん(77)に、何歳になってもボウリングを楽しむコツを聞いた。

 川崎市の東急田園都市線溝の口駅から徒歩3分。ボウリング場「ムサシボウル」6階にある部屋を訪ねた。レーンに併設されたガラス張りの部屋の名前は「りつこの部屋」。室内に飾られた現役時代の写真やトロフィーを前に、中山さんがこう言う。

 「ボウリング場の顧問を務めてきた縁で、リニューアルしたときに作ってくれたんです。ボウリングのあと、会員のみなさんとお茶をしたりして交流するんですよ」

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  4. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです