連載

銀橋のきらめき

映画、演劇評論家・薮下哲司さんが宝塚歌劇団の公演や役者などを紹介します。

連載一覧

銀橋のきらめき

タカラヅカ余話 公演再開「はいからさん」 4カ月ぶり、生の魅力を

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
花組公演「はいからさんが通る」の主演でトップスターの柚香光(右)とトップ娘役の華優希=兵庫県宝塚市で、山田尚弘撮影
花組公演「はいからさんが通る」の主演でトップスターの柚香光(右)とトップ娘役の華優希=兵庫県宝塚市で、山田尚弘撮影

 コロナ禍で3月10日以降の全公演を休演していた宝塚大劇場が17日から花組公演、ミュージカル浪漫「はいからさんが通る」(小柳奈穂子脚本、演出)で約4カ月ぶりに再開し、マスク姿のファンが久々の生の舞台の魅力に酔いしれています。

 感染拡大を予防するため、座席は1席ずつ空けての販売、舞台と客席の距離を保つために最前列も空席にし、定員2550人の半分の収容とあって再開を待ちわびたファンで初日のチケットは早々に完売。劇団は再開当日のフィナーレをCSの専門チャンネルで生中継し、翌日の公演をネットで有料配信するなど劇場に足を運べない人のための新たな取り組みも行いました。

 「はいからさん―」は、大和和紀原作による人気コミックの舞台化。大正期の東京を背景に、はいからさんと呼ばれる快活な女学生と美貌の陸軍少尉が繰り広げる波瀾(はらん)万丈の恋物語です。宝塚でも1979年に平(たいら)みち、剣幸(つるぎみゆき)、日向薫(ひゅうがかおる)といったメンバーでテレビドラマ化されたことがありますが、2017年に柚香光(ゆずかれい)主演で初めて舞台化され、大好評だったことから今回…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文908文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集