津軽凧絵、描いてみよう 色鮮やかな伝統の技、市民ら体験 青森・弘前

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
手本を見ながら津軽凧絵の製作を進める参加者ら=青森県弘前市で
手本を見ながら津軽凧絵の製作を進める参加者ら=青森県弘前市で

 青森県弘前市の東部公民館で18日、津軽地方の伝統工芸品「津軽凧(だこ)」に描かれる「津軽凧絵」の制作を体験する講座が開かれた。同市の観光施設・津軽藩ねぷた村スタッフで、県伝統工芸士の溝江由樹さん(44)が講師を務め、市民ら13人が参加した。

 津軽凧絵は原色の色鮮やかな色彩で武者絵などが描かれることで知られる。講座では溝江さんが、…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集