性別、年齢欄ある履歴書例取りやめ 日本規格協会 差別懸念しNPOが削除要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本規格協会を訪問後、取材に応じるNPO法人「POSSE」の佐藤学さん(右)と当事者の佐藤悠祐さん=東京都港区で2020年7月17日
日本規格協会を訪問後、取材に応じるNPO法人「POSSE」の佐藤学さん(右)と当事者の佐藤悠祐さん=東京都港区で2020年7月17日

 工業製品の品質基準などの規格をつくっている「日本規格協会」(東京)は、就職活動などで使う履歴書について、性別や年齢、顔写真の欄があった様式例を取りやめたと明らかにした。就活時にこうした属性の記載を求めることは差別につながる恐れがあるとして、NPO法人などから削除を求める声が上がっていた。

 協会が作成する様式を参考に履歴書を製造しているメーカーは多く、今後、性別や年齢の記載欄がなくなる動きが広まる可能性がある。既に公務員試験や高校入試では性別欄をなくす例が増えており、協会側は「様式例として引き続き掲載することにより誤解を招きかねない」と…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集