メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「長いスパンで見ないとわからない」 東京で前日より100人減でも都は警戒

新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影

[PR]

 東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに188人確認されたと発表した。200人を下回ったのは4日ぶり。新規感染者のうち20~30代が約7割を占め、依然として若い世代の感染が目立つ。

 接待を伴う飲食店など「夜の街」に関連した感染者は32人で、うち22人は新宿エリアでの感染だった。新宿区の劇場で開かれた舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ‼―」のクラスター(感染者集団)関連では新たに3人の感染が判明。都の把握分だけで累計57人になった。

 前日発表された感染者数(290人)から約100人減ったことについて、都の担当者は「日曜日で休みの医療機関も多く、報告が上がってきていないケースもある」と説明。「1日で評価できるものではなく、長いスパンで見ないとわからない」と慎重な見方を示した。【斎川瞳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです