特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

アスリート交差点2020

行動が夢を叶える コロナ禍で考える五輪の価値=カヌー・羽根田卓也

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
水の流れをつかむようにして激流を進む羽根田卓也=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月20日、大西岳彦撮影
水の流れをつかむようにして激流を進む羽根田卓也=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月20日、大西岳彦撮影

 本来なら今ごろ選手村に入り、数日後に迫った本番に向けて最終調整しているところですね。しかし新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックは1年延期となりました。まだコロナによる不確定な要素が多いので、長期的なプランを立てるというよりも練習環境など今できるベストを見極めながら日々過ごしています。

 2010年から二人三脚で練習してきたスロバキア人コーチのミラン・クバンさんは日本に来られないので、テレビ電話で1週間ごとの練習メニューを決めています。東京五輪の会場となる東京都江戸川区の「カヌー・スラロームセンター」が依然として使えないため、一般のカヌー場を使いながら、ジムに通ってオフシーズンにやるような陸上トレーニングをしている状況です。自粛期間中は自宅でトレーニングをする状況も続いていました。そのせいか久しぶりにカヌーをこげたことにうれしさも感じました。

 コロナで練習環境は制限されていますが、五輪に向けたモチベーションが下がったことは一切ありません。五輪が延期されましたが、今の自分の気持ちを正直に表すとネガティブもポジティブもありません。毎日のトレーニングに外的要因は関係ありません。制限されているのはしょうがないので、その中でやるしかない。考えることに意味はないとすら思っています。外で練習ができなければ自宅の風呂場でパドルを使う練習をするとか、そ…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1211文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集