メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災と命に寄り添って 「阪神」伝え25年、相次ぎ鬼籍に

「健康な限り自転車で慰霊碑を巡りたい」と語った上西勇さん=神戸市東灘区の住吉宮町公園で2016年、最上和喜撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が社会を揺るがしていた4月、阪神大震災(1995年)の記憶を伝えてきた3人の男性が相次いでこの世を去った。かけがえのない命を失いたくないとの普遍的なメッセージは震災にもコロナ禍にも共通する。3人が残した足跡をたどった。【反橋希美】

声なき碑、探し出し 上西勇さん(享年92)

 4月9日に亡くなった神戸市の上西勇さん(享年92)は、全国にある約1500もの災害関連の碑を訪ね、冊子にまとめた。阪神大震災で避難所にいた父を亡くした。趣味にしていた自転車に乗って99年から碑を巡り、卒寿を超えてもペダルをこぎ続けた。

 「いかにも頑固じじいの男がさ、『こんな絵地図じゃ、現場に行けないだろう』って」。俳優の堀内正美さん(70)は、99年春に初めて会った上西さんのことをそう振り返る。堀内さんたちが同年1月に発行した「震災モニュメントマップ」への文句を言いに、上西さんは自宅から約20キロ離れたボランティア事務所まで自転車で来た。「人手がない。あなたが作ってください」。こうして慰霊碑巡礼は始まった。

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです