メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

渡辺いっけい 映画「いつくしみふかき」主演 「らしくない」役、演じる冥利

ホーズを取る俳優の渡辺いっけいさん=大阪市北区で2020年6月23日、菱田諭士撮影

 実の親子とは知らずに出会った2人の男を主人公に、互いに抱く思いを描いた映画「いつくしみふかき」(大山晃一郎監督)で、盗みや詐欺を繰り返す父、広志役を演じた。映画は意外にも初主演。「役者って皆、潜在的に今までやったことのない役を求めている。どうしようもなくひどい男の役というオファーは本当にありがたかった」

 ある村で暮らす広志は、加代子(平栗あつみ)が自分の息子でもある進一を出産中、加代子の実家に盗みに入る。村人らに追い立てられた広志は、牧師の源一郎(金田明夫)に助けられて姿を消す。30年後、仕事が続かない進一(遠山雄)は村を離れ、源一郎の教会で暮らし始める。一方、金を借りに源一郎のもとを訪れた広志。互いを知らぬまま親子の共同生活が始まる。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです