連載

人ふでがき

長野県で活躍する「あの人」にインタビュー。活動のきっかけや苦労、展望を聞きました。

連載一覧

人ふでがき

モンテッソーリ教育施設を運営 石田美由起さん(68)=長野市 小さな学び舎で大きな学びを /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石田美由起さん
石田美由起さん

 長野市で就学前児童を対象に、子どもの自主性を重んじる「モンテッソーリ教育」を施す子どもの家「ぷりもまあの」(同市妻科)を約20年運営する。「小さな学び舎(や)ですが、子どもたちは大きな学びをしています」と目を細める。

 長崎・五島列島出身。社会福祉関係の仕事をしていた父の影響で、気付けば福祉の道を志した。生まれつき体が弱く、心配した父の希望で聖和女子学院高(佐世保市)に進学。そこで知り合ったシスターの勧めで進んだ上智大社会福祉専修学校(現上智社会福祉専門学校)で、モンテッソーリ教育と出合った。

 イタリアの医師で教育家、マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)が「子どもには生まれつき自分を成長させる力が備わっている」という信条から考案した教育法。子どもの行動に干渉し過ぎず、特定の事柄に対して強い感受性が表れる「敏感期」に応じた教育環境を整備することで潜在能力を引き出す。日本では将棋の藤井聡太棋聖(18)が実践したことでも知られる。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1189文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集