メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 地域に元気届け 筆に思い込めて伊吹高に懸垂幕 米原 /滋賀

地域の人たちへのメッセージが記された懸垂幕と書道部員たち=滋賀県米原市朝日で、若本和夫撮影

[PR]

 米原市朝日の県立伊吹高が校門近くに、地域の人たちや生徒たちへのメッセージを記した懸垂幕(縦6メートル、横0・9メートル)を掲げた。新型コロナウイルス禍が続く中、生徒たちを励まし、地域の人たちにも元気を届けるのが狙いという。

 懸垂幕の文章は生徒たちから募り、寄せられた約200件の言葉をもとに作成した。設置場所は校門へ続く道の入り口で、東向きには「当たり前の日常に感謝」「共に進もう頑張ろう伊吹」の2枚、西向きには「新しい生活様式で今を乗り越えよう」「一人の笑顔で広がる笑顔 つながりを大切に」の2枚が掲示された。計4枚の懸垂幕は、同校書道部3年生の森田倖さん、岡本未夢さん、多賀有彩花さん、千田玲菜さんが毛筆で画仙紙に書いた作品を拡大して生地に印刷した。書道部員たちは何度も書き直しをして、作品を完成させたという。

 書道部長の多賀さんは「地域の人たちを元気づけたいという思いで、文字のバランスにも気をつけて書きました」と話していた。【若本和夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです