メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

延期五輪の行方/中 最高水準に疑問符

リオデジャネイロ五輪の閉会式で、五輪旗を持つ東京都の小池百合子知事。華やかな式典を求める放送局の意向は強く、簡素化は簡単ではない=2016年8月21日(代表撮影)

 東京オリンピックは来夏の開幕に向け、準備も仕切り直しとなる。新型コロナウイルス対策とコスト削減の両面から簡素化を図ることとなったが、運営を担う大会組織委員会は安全確保に頭を悩ませ、映像を流す放送局は熱気がそがれて視聴者が離れないか思案する。何より、現場の主役の選手たちが十分な練習環境になく、最高水準の大会となるか疑問符がつきまとう。

この記事は有料記事です。

残り3338文字(全文3506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです