デジタル教材配信「シェア半分目指す」 NTTコム丸岡亨新社長 オンライン教育需要

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NTTコミュニケーションズの丸岡亨社長=同社提供
NTTコミュニケーションズの丸岡亨社長=同社提供

 NTTコミュニケーションズの丸岡亨新社長(62)が毎日新聞のインタビューに応じ、小中学生向けのデジタル教材の配信サービスでトップシェアを狙う方針を示した。新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン教育の需要が急速に高まっており、新サービスを積極的に投入する。

 政府は全国の小中学校に1人1台のパソコンやタブレットなどを配備する「GIGAスクール構想」を年度内に実施する。丸岡氏は「各地の教育委員会などにパッケージを提供して教育のプラットフォームにしたい。シェアの約半分を目指す」と述べた。

 新型コロナを受けて、教科書や参考書などのデジタル教材をオンラインで一括提供する同社のサービスは引き合いが急増している。丸岡氏は「継続して使ってもらうことが重要」として、現場の教員に効果的な使い方を伝える窓口の強化などで定着を図る考えだ。スマートシティーなどまちづくりや、工場管理など産業分野のデジタル化支援にも力を入れる方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文689文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集